銀河英雄伝説 ON THE WEB インタビュー
 


インフォメーション
ONAIR
リリース情報
Mobile
ストーリー紹介
登場人物紹介
バックステージ
インタビュー
キャラクターへの手紙
お問い合わせ
リンク

第32回土師孝也<メックリンガー>「2001年DVD制作時インタビューより抜粋」

『スタ−・ウォーズ』に匹敵するSF大河『銀河英雄伝説』

 個性的な人物が数多く登場する『銀河英雄伝説』の中でも、最も個性的で印象に残るキャラクターのひとりであろう、メックリンガー。軍人でありながら、水彩画家、散文詩人としても名声があり、ピアノ演奏の腕も一流で、“芸術家提督”の異名をとる。そんなメックリンガーを演じた土師孝也が、語った――。

 

――『銀河英雄伝説』のアフレコに関して、何かエピソードはありますか?

 スタジオの画面が大きかったんですよ(笑)。今は、3台くらいのテレビ画面を置いて、声優たちが何組かに分かれてその前に立って収録をすることが多いのですが、『銀河英雄伝説』のときは、ひとつの大きなスクリーンに皆で向かう形だったので、みんなこう……顔を上向けて台詞を言わなくてはならなくて、それが大変でした(笑)。どうしても、顔を上向けると声が高くなってしまうんです。それに気を付けるのが、きつかったですね。それから、そのせいでマイクの前に入れ替わるのも大変でした。シーンによっては本当に大勢出演している所があるので、平気で人にぶつかってマイクを奪ってしまったり、逆にぶつかられたり……(笑)。上を向いているから両側の人に気がつかないのもあるし(笑)。基本的には長く一気に録音することは少なくて、シーンごとの収録が多かったのですが、たくさんの出演者がいるシーンは、確かそういう感じでした。
  一緒に出演した声優さんたちは、仲が良かったですね。いつも冗談半分のようなことを言いながら……、あ、もちろん仕事は真剣にやるのですが(笑)、冗談の割合が少し多いだけです(笑)

――『銀河英雄伝説』について、どのような印象がありますか?

  出演が決まって絵コンテを見せて頂いたときに、当時僕は35歳ぐらいだったのですが、「こんなオジサンの役が来た!」と驚いたことをよく覚えています(笑)
  出演している当時はあまりよく分かっていなかったのですが、後から客観的に考えると……やはり“大河”ですよね。『スター・ウォーズ』(ジョージ・ルーカス監督 1977〜2005年)に匹敵するアニメなのではないかと思っています。
  僕は少ししか出ていませんが、皆さん、長い間よくやられていたなあ、と思いますねぇ。堀川(りょう)さんとか、ナレーションの屋良(有作)さんとか……、彼らは本当に大変だったでしょうねぇ……。



< 土師孝也  プロフィール>

9月8日生まれ、東京都出身。劇団青年座所属。
舞台、テレビドラマで幅広く活躍する一方、声優としても多くの作品に出演している。声優として出演している主なアニメーション作品には、映画・TVシリーズ「機動警察パトレイバー」(黒崎役 1989〜1990年 日本テレビ)、TVシリーズ「剣勇伝説YAIBA」(柳生十兵衛光厳役 1993〜94年 テレビ東京)、TVシリーズ「十二国記」(塙王役 2002年 NHK−BS2)、TVシリーズ「サムライチャンプルー」(犬山役 2004年 フジテレビ)、TVシリーズ「今日からマ王!」(ボブ役 2005年〜 NHK)など多数がある。


戻る
Back Main Menu

 

(C) 田中芳樹・徳間書店・徳間ジャパンコミュニケーションズ・らいとすたっ ふ・サントリー All Rights Reserved.
一切の無断転載を禁止します
当ホームページのプライバシーポリシーはこちら、リンクについてはこちらです